毎年参拝者数230万人以上を誇る熱田神宮の初詣。


日本一の参拝者数と言えば明治神宮ですが、熱田神宮は日本で8番目に多い参拝者数と言われています。


しかし愛知県では1番の参拝者数です。


愛知県で1番ということは混雑も待ち時間も愛知県で1番ということになります。


この記事では少しでも混雑を回避する方法と待ち時間の目安の情報をお伝えします。


お正月のスケジュールを組むための情報としてお役立てください。

熱田神宮
Photo by (c)Tomo.Yun

熱田神宮の初詣の雰囲気


まずは2015年の熱田神宮の初詣の様子をご覧くださいw


元旦の様子を撮っていただいてますが、予想通りかなり混雑していますね^^;


時間帯は何時くらいなんでしょうか。


この賑やかな新年らしい雰囲気を観ているだけでワクワクしてきますw


撮影者さん素晴らしい動画、ありがとうございます!




スポンサーリンク



2016!熱田神宮のアクセス【電車編】


東京・大阪・伊勢方面から
名古屋駅 乗り換え 名鉄名古屋駅から名鉄神宮前駅下車
中部国際空港(セントレア)から
中部国際空港 名鉄常滑線 名鉄神宮前駅下車

名鉄神宮前駅より徒歩3分で熱田神宮到着


やはり、熱田神宮の初詣には電車で行くのがおすすめです。


熱田神宮に着いても参拝までは長時間待つことになりますので、体力温存のためにも熱田神宮まではスムーズに到着したいところです。



2016!熱田神宮のアクセス【自動車編】


熱田神宮への自動車でのアクセス

東京方面から
東名高速道路 豊田JCT
伊勢湾岸自動車道 名古屋南IC
名古屋高速 呼続出口(約10km)
堀田通り「地下鉄堀田」交差点左折し国道1号線へ、
「伝馬町」交差点右折し直進したらすぐ
大阪方面から
名神高速道路 小牧IC
名古屋高速 堀田出口(約20km)
堀田通り「地下鉄堀田」交差点左折し国道1号線へ
「伝馬町」交差点右折し直進したらすぐ
伊勢方面から
伊勢自動車道 関JCT
東名阪自動車道 名古屋西JCT
名古屋高速 白川出口(約20km)
「若宮北」交差点右折し国道19号線へ
直進5km「旗屋町」交差点過ぎてすぐ
中部国際空港(セントレア)から
セントレアライン 半田中央JCT
知多半島道路 名古屋南IC
名古屋高速 呼続出口(約10km)
堀田通り「地下鉄堀田」交差点左折し国道1号線へ、
「伝馬町」交差点右折し直進したらすぐ

各方面からのアクセスをご紹介しましたが、正月三が日の熱田神宮は非常に混雑しますので電車を使った方が得策でしょう。



熱田神宮周辺の駐車場


熱田神宮に併設している駐車場は12月31日から1月5日までは利用することができません。


熱田神宮の初詣の移動手段として自動車を利用するのはおすすめできる方法ではないのですが、一応、以下のリンクを貼っておきます。



熱田神宮周辺の駐車場



駐車場を探すにのかなり使いやすくて便利なサイトです。


名古屋って進んでますね!


ともあれ、昼間の駐車は難しいと思いますが、夜間であれば停めることができるかもしれません。


いずれにせよ自動車で行く場合にはかなり時間に余裕を持った計画が必要になります。




スポンサーリンク



2016!熱田神宮ができる参拝時間


熱田神宮は閉門されることはありませんので、終日参拝することができます。


授与所も5日までは夜間も開いていますので、夜間に参拝に行ってもお守りや絵馬などを買うことができます。


夜間は授与所が閉まっている神社も多いので、初詣に行った折にはお守りや絵馬などを買うのが必須と言う方には嬉しいですね。



2016!熱田神宮の待ち時間予想


カウントダウン直後から3:00までの待ち時間は2時間以上は見ておいた方がいいかもしれません。


元旦の明け方4:00~7:00までの待ち時間は30分程度になります。


カウントダウン直後の次に混むのが元旦のお昼すぎから18時くらいまでで、この時間帯は1~2時間近くの待ち時間になります。


正月三が日の上記以外の時間帯は30分~1時間の待ち時間を見込んでいた方がいいでしょう。



2016!熱田神宮の混雑回避方法


正月三が日の熱田神宮の一番混雑が回避できる時間帯はズバリ!


真夜中!以外で挙げるとなると、

元旦 4:00~7:00
2日 6:00~10:00と19:00以降
3日 6:00~10:00と19:00以降

このあたりになってきます。


やはり、早朝か夜以降ということになりますね^^;



2016!熱田神宮の混雑回避と待ち時間の情報のまとめ


いかがでしょうか、正月三が日で230万人の参拝者が訪れる熱田神宮ではお賽銭を投げるのも一苦労です。


せっかく頑張ったんですから、2016年はその苦労が報われるような御利益が訪れるといいですね。





みなさまの2016年のご健康とご多幸をお祈りいたします!





最後まで読んでいただきありがとうございました。




スポンサーリンク