犬 パイナップル 大丈夫

今回はワンちゃんにパイナップルを食べさせても大丈夫ですよ、という話です。
パイナップルには消化を促進し便通も良くなる効果もあるってことなんで、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。








南国の果物といえばパイナップルを連想される方も多いことでしょう。

日本では夏場だけに関わらず1年中スーパーで買うことができるなじみ深い果物でもあります。

そんなパイナップルですが、飼い主さんの中には、


「犬にパイナップルを食べさせても大丈夫なのかなぁ~」


と思われている方も多いのではないでしょうか。

私はうちの愛犬、トイプードルのくーちゃんにも家族の一員としていろんな味覚を体験させてあげたいと思っています。

そこで今回はくーちゃんにも「パイナップル」を食べさせてあげたいと思い、いろいろと調べてみることにしました。

また私自身、パイナップルについて調べて行く中で犬にパイナップルを食べさせるメリットや留意点などを知ることができました。

犬にパイナップルを食べさせても大丈夫かということを犬の飼い主の視点で詳しくわかりやすくお伝えしていきますので、是非あなたも参考にしてみてくださいね。



スポンサーリンク




パイナップルを食べる犬


パイナップルをおいしそうに食べているワンちゃんはいないかなぁ~とYouTubeを探していたら、いました(笑)

もうこの動画がダントツで1位でしょう(笑)

私はいろんなワンちゃんの動画を観てきていますが、この動画はかなりレベルが高いです!

おりこうさんな2匹のラブラドールがパイナップルを食べられるのを待っています。

そしてパイナップルを食べ終わった後に爆笑のシーンが!(笑)


もちろん高評価をポチッとさせていただきました。

投稿者さん、楽しい動画ありがとうございました!

犬にパイナップルを食べさせるメリット


さて、これから「犬にパイナップルを食べさせても大丈夫です」という根拠をみていきましょう。

まず、犬にパイナップルを食べさせるメリットを栄養面と効果・効能面からみていきますね。

犬にとってパイナップルはメリットがいっぱいの嬉しい果物ですよ。

パイナップルの主な栄養成分


パイナップルの主な栄養成分は以下の4つになります。

  • ビタミンB1
  • カリウム
  • マンガン
  • ブロメライン


他の果物と比べて注目される栄養成分は「マンガン」「ブロメライン」でしょう。

マンガンは主に骨の形成に関わっています。

高齢になってきた犬には嬉しい栄養成分ですね。

またブロメラインはタンパク質を分解してくれる効果がありますので、消化の手助けをしてくれます。


つまり、「消化を促進し便通も良くなります。」


ちょっと便秘気味な犬には嬉しい栄養成分です。

パイナップルの効果や効能


パイナップルの主な効果・効能は以下の5つです。

  • 疲労回復
  • 高血圧予防
  • 脳梗塞予防
  • 心筋梗塞予防
  • 消化促進


消化促進はブロメラインによる効果・効能です。


ブロメラインにはタンパク質を分解し、肉を柔らかくする効果があるといわれています。

だから学校の給食の酢豚にはパイナップルが入っていたんですね!

ちなみに私は酢豚にパイナップルは肯定派でした(笑)

しかし、ブロメラインは加熱するとその効果はほとんどなくなってしまうそうなんです。


「じゃあ、酢豚の肉は柔らかくならんやん…。」


まあ、それはいいとして、

その他の効果・効能も飼い主さんにも犬にも嬉しい効果や効能ばかりですね。

このようにパイナップルの栄養面や効果・効能を見ても、


「犬にパイナップルを食べさせても大丈夫です!」


と言い切れるのですが、もちろん留意しないといけないこともあります。

では、次に犬にパイナップルを食べさせる時の留意点とはどんなことがあるのでしょうか。



スポンサーリンク




犬にパイナップルを食べさせる時の留意点


犬にパイナップルを食べさせても大丈夫ですが、もちろん気をつけなければならないこともあります。

これだけ嬉しい効果や効能があるパイナップルですが、あまりにたくさんの量を食べさせるのはやめましょう。

与えすぎに注意するのはもちろんのこと、その他にも犬にパイナップルを与える時の留意点もお伝えしますね。

犬にはどれくらいの量のパイナップルを与えたらいいの?


犬にはどれくらいの量のパイナップルを食べさせるのが適量なのか考えてみましょう。

犬と一口に言っても非常に多くの犬種がいます。

体重が1kgくらいの超小型犬から中には50kgを超える大型犬までさまざまです。

あなたの家で飼っている犬は体重何kgでしょうか?

私の家で飼っているトイプードルのくーちゃんは体重が1.5kgです。

犬 パイナップル 大丈夫
そして、私の体重は約60kgです。

ということは、うちのくーちゃんは私の体重の2.5%、40分の1ということになります。


人間的な感覚で言うと、食後にパイナップル2~3カットを食べるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。


食後にパイナップル半分を食べるとちょっと食べ過ぎた感覚になります。


一方、犬は人間より生命を維持するために多くのエネルギーを必要としています。


犬は人間より活発に動き回りますし、体温も高いですよね。

したがって、私の場合は、


パイナップル2~3カットの20分の1くらいという「感覚的な量」


で食べさせています。

すごく少ない量に感じられるかもしれませんが、犬の体重や体格や体型を考えてもそのあたりの量が妥当だと私は考えています。

犬がパイナップルを食べ過ぎるとどうなる?


パイナップルを好きなだけ犬に食べさせるという飼い主さんはあまりいないと思いますが、ちょっと目を離した隙にがつがつ食べてたという経験はみなさんお持ちでしょう。

犬がパイナップル食べ過ぎるとどうなるのでしょうか。


  • 水分の摂り過ぎで下痢になってしまう可能性があります

  • 糖分の摂り過ぎで逆にさまざまな病気の原因になる可能性があります

  • 食物繊維の摂り過ぎでミネラルが不足した状態なる可能性があります


ともあれ、


「過ぎたるは及ばざるがごとし」


ですので、誤食などを含め飼い主さんがきちんと管理してあげてください。

犬に食べさせるパイナップルの量については以上ですが、飼い主さんの中にはパイナップルのアレルギーを気にされる方もおられるのではないでしょうか。


犬 パイナップル 大丈夫

犬のアレルギー反応が気になる


犬がパイナップルを食べてアレルギー反応を起こすことはあるのでしょうか。

パイナップルを食べてアレルギーになったという話を私は聞いたことがないですが、人間でもアレルギーになる人はいるそうです。

人間でもパイナップル食べてアレルギー反応を起こす人はいるということなので、犬の中にもアレルギー反応を起こすことがあると思っておいた方がいいでしょう。

これまで普通に元気にしていたのに、


  • 急に元気がなくなった

  • 下痢をするようになった

  • 吐き気をもよおすようになった



という体調変化が見てとれるようになれば、パイナップルが犬に合わなかったのかもしれません。

以後、パイナップルを食べさせるのを控え、様子を見てあげましょう。



スポンサーリンク




犬にパイナップルの缶詰を食べさせるのはできるだけ避けよう


果物の缶詰といえばパイナップルを真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

パイナップルを食べさせるのが大丈夫だったらパイナップルの缶詰も大丈夫だろうと思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか。

パイナップルの缶詰にはあり得ないくらいの砂糖が大量に入っています。


犬には人工的に精製された砂糖はまったく必要ありません。


さらに言うなら人間にも必要ありません。

私個人は砂糖を有害な物質だと思っています。

砂糖が有害な物質だと知らずに自分の健康をボロボロにしている人がたくさんいると私は思っています。

もちろん飼い主さんの判断を尊重しますが、犬も人間も食物から摂れる糖分と糖質だけでじゅうぶん生活ができると思っています。


犬 パイナップル 大丈夫

犬にパイナップルの芯を食べさせても大丈夫?


犬にパイナップルの芯は食べさせても大丈夫なのでしょうか?


むしろ、パイナップルの芯の方が栄養成分がたくさん含まれていますので進んで食べさせてあげましょう。


その分食物繊維も多く含まれていますので、便通が悪いと思われる犬には特に効果的です。

食物繊維は腸もきれいにしてくれますので、普通にウンチをする犬にも食べさせてあげたいところですね。


与えすぎなければ、食物繊維を摂ることがパイナップルを食べることの注意点にはなり得ません。



犬に柿を与える時の留意点は以上になります。

では、最後においしいパイナップルの見分け方をお伝えしますね。


犬 パイナップル 大丈夫

おいしいパイナップルの見分け方


おいしいパイナップルの見分け方があるのをご存知ですか?

せっかくだったら飼い主さんも犬もおいしいパイナップルを食べたいですよね。

おいしいパイナップルの形


全体的に丸みがあり、下ぶくれの形をしているものがおいしいパイナップルの形といわれています。

全体にどっしりした形のものがいいですね。

おいしいパイナップルの色


丸ごと1個買う時は葉の色が濃いものを選びましょう。

また、果皮や葉にツヤがあるものを選びましょう。

犬にパイナップルは大丈夫です!消化を促進し便通も良くなります、のまとめ


今回の記事はお役に立っていただけましたでしょうか。

ところで、パイナップルの産地ってどこだか知っていますか?


パイナップルは圧倒的にフィリピンから輸入されているんですね。


輸入の8割はフィリピンからだといわれていますが、それ以外の輸入国も南国ばかりですね。

バナナも圧倒的にフィリピンからの輸入に頼っていますんで、果物に関してはフィリピンにすご~くお世話になってるんです。

ともあれ、パイナップルを飼い主さんもワンちゃんも存分に楽しみましょう!

それでは飼い主さんとワンちゃんのすこやかな健康をお祈りしています。


あと、メールアドレスは公開されませんのでコメントをいただけると嬉しいです♪



ワンちゃん
最後まで読んでいただきありがとうございました




スポンサーリンク