父親のことが大嫌い!という方は本当に多いように思われます。

あなたは父親が原因でさぞ辛い思いをたくさんされてきたのでしょう。

おそらく、あなたは何も悪くありません。

悪いのはあの父親だけです。

あなたはあの嫌いな父親と今後どうしていきたいのでしょうか?

改心させる?ぶん殴る?絶縁する?

それとも諦めて現状に甘んじる?

いずれにしても難しい選択ですが、ひょっとしたら父親との摩擦を多少は減らすことができるかもしれません。

これからあなたの辛い現状を今後どうすればいいか考えてみましょう。



スポンサーリンク





嫌われている父親の特徴


おそらく、父親が嫌いな理由のほとんどがこの中に含まれているのではないでしょうか。



働かない


社会生活の一番根幹に関わる部分です。

生きていくためにはお金は絶対に必要です。

しかし、働かないで済んでいるということは働かなくても生活ができる別の収入源があるのではないでしょうか。

そうでなければ生活は成り立ちません。

働かなくても生活することができるという環境が、父親が働かない状態を作り出している原因のひとつになっているかもしれません。


暴言や暴力

父親の暴言や暴力で心や体を痛めている人も多いでしょう。

特に暴力では日常生活を通常に送れないほどの怪我を負わされる人も中にはいます。

暴言は言葉の暴力と言われていますし、暴力はどんなことがあっても自分から手を出してはいけないということは社会生活を送る上での最も基本的なルールです。

その基本的な社会生活のルールを「人生の見本」とならなければいけない父親が行うということは決してあってはならないことです。


人格否定・人権無視


お前はブスとかデブだとか頭が悪いなどと言われる。

門限やスマホの使い方が異常なくらい厳しい。

友達や知人から言われてもかなり傷つくことを実の父親から言われたとなるとそのダメージたるや相当なものです。

また門限やスマホの使い方など、ある程度は親が管理しないといけない部分もありますが、度が過ぎると子供の人権を無視した行動とも取れてしまいます。


飲酒


晩酌程度なら特に問題はないでしょうが、酒グセの悪い人間は一定数必ずいます。

普段はおとなしくても酔うと暴言や暴力に発展するのは言語道断です。

多くの場合、自分の暴力や暴言を自覚できていても、いざ酔うとそのコントロールが効かなくなってしまいます。


ギャンブル


働いてもないのにパチンコ屋に行く。

働いてはいるがギャンブルで散財して家にお金を入れない。

こちらも飲酒同様、依存性が高く、抜け出すのがなかなか困難です。

生活費を捻出しようとする人間もいますが、余計に深みにはまってしまうのは誰の目にも明らかです。

しかし、お金に困っている人間はここで一発逆転しようとするので理性を完全に失っています。


その他問題行動


異性問題

一日中、ネットかゲームばかりしている など







しかし、あの父親は生まれた時からこんな父親だったのでしょうか。

そもそもそんな父親だったら母親は結婚なんてしてなかったのではないでしょうか。

父 嫌い1

あの父親はいつから嫌われる父親になったのか


あなたの年齢は何歳ですか?中高生?大学生?社会人?

これは私の推測なのですが、あなたの父親もきっとあなたの年齢の頃はたぶん「普通の人」だったんじゃないかと思います。

どんなにダメな父親でも結婚した時は、


「この女性を大切にして子供を作って幸せな家庭を築こう」


と思ったのではないでしょうか。

そういう思いが伝わったからこそあなたの母親も結婚を決意したのだと思います。

もし、結婚する前から働かないし暴言や暴力が絶えない人と結婚したのであれば、母親にもそういう男と結婚したということで何かしらの問題があったかもしれません。

あなたも一度、結婚する前の父親、結婚した後の父親、あなたが生まれてからの父親のことを母親に聞いてみてはいかがでしょうか。

もし、結婚した時は今みたいな父親ではなかったとすれば、父親を大きく変える何かが起こったことが考えられます。

父 嫌い2

あなたが嫌いな父親の本音


おそらく、一言で言えば、


「俺だってこんな風になろうなんて思ってなかったんだよ!」


ではないでしょうか。

この言葉の裏には、元々は父親も今のような状態ではなかったことが推察されます。

あなたの母親があのクズのような父親と離婚しないで辛抱しているのは、昔は今のような状態ではない時のことを知っているからかもしれません。


あなたの父親はすごく弱い人間なのです。


あなたの父親はすごく不器用な人間なのです。


街中に目を向けてみましょう。

威圧的な服装や目つきで周りを威嚇するような人がいます。

あなたの学校や職場にもいるかもしれません。

その人達は自分が弱い人間だということを自覚しています。

自覚しているが故に周囲に弱い人間だということを悟られまいと必死なのです。

あなたの嫌いな父親も子供に弱い人間だと思われたくないのです。

自分が弱い人間だと子供に悟られるのが怖くて高圧的な態度をとっているだけなのではないでしょうか。

では、そんな弱い父親とどのように向きあえばいいのでしょうか。

父親を嫌いだと思わなくする方法はあるのでしょうか。



スポンサーリンク



父親を嫌いだと思わなくするには


父親を嫌いだと思わなくすることはあなたにとって難しいことでしょう。

私はあなたが父親のことが嫌いだという感情を持ったままでもいいと思います。

ただ、父親に対する見方を少しだけ変えることはできるかもしれません。

今、あなたの父親に対する怒りは父親の表面的な言動に向けられています。

そこであなたの視点を父親の内面的な人間性に向けてみてはいかがでしょうか。

父親が家族を養うために働かなければいけないのは当の本人が一番分かっているはずだ。
分かっているのにその一歩が踏み出せない弱くて可哀想な人間なんだ。
父親が暴言や暴力を振るうのは間違った方法で自分を大きく強く見せようとしているからなんだ。
間違った方法でしか自分を大きく強く見せることができない弱くて可哀想な人間なんだ。
父親が自分に対し人格否定や人権無視をしてくるのは今の自分の状況より悪い状況の人間を自分の中に作っておきたいからなんだ。
こういうことでしか自分のことを肯定するしかない弱くて可哀想な人間なんだ。
父親が呑んだくれているのはあまりに情けない自分の現実を直視できないからなんだ。
しっかり地に足をつけて現実と向かい合うことができない弱くて可哀想な人間なんだ。
父親がギャンブルから抜け出せないのは、そもそもギャンブルは胴元が勝つようにできているという基本的なことさえ知らないからなんだ。
射幸心を煽られて冷静な判断ができない弱くて可哀想な人間なんだ。

あなたの父親は弱くて不器用で可哀想な人間なのです。

あなたの父親は家の中で大きく強く見せることで精神の均衡を保とうとしているのです。

このように父親が嫌いだという気持ちはぬぐえなくても不器用な方法でしか自分と接することができない可哀想な父親なんだと思うことで、少しだけ父親との向き合い方を変えられるかもしれません。



忌野清志郎 パパの歌



あなたの父親はきっとこんな「普通のお父さん」になりたかったんだと思います。

私もそうですし、あなたの父親もきっとそうでしょう。

でも、簡単なようで難しい「普通のお父さん」に自分はなれなかった。

そのやり場のないもどかしさ、自分の不甲斐なさが今の言動になって表れているのかもしれません。

もちろん、あなたの父親のこれまでのことが許されるわけではありません。

しかし、何かのきっかけで自分の人生の歯車が狂ってしまって、どうにか軌道修正したいともがいてるのが今のあなたの父親の現状なのではないでしょうか。

父 嫌い3

父親が嫌いだという理由でイライラしたりストレスを感じている方へのまとめ


私も高校生の子を持つ一人の父親です。

私の子供が私のいないところで「父親のことが好きか?」と聞かれれば「嫌い」と答えられてしまうでしょう。

私も子供から嫌われているダメな父親の一人です。

子供が高校生になるまで、本当にあっという間でした。

ついこの前まで自分の体より大きなランドセルを背負ってたと思っていたのに時の流れは残酷です。

あんなこともしてあげたい、こんな所にも連れて行ってあげたい。

「~してあげたい」と思った時にすぐしてあげないとあっという間に子供は成長してしまうんだということに今さらながら気づかされているところです。

今からでも時間を巻き戻したい、もっと子供と接する時間を増やしたい、自分のための時間は子供が巣立っていってからでもよかったではないか。

後悔ばかりですが、いくら後悔しても過去に戻ることはできません。

あなたの嫌いな父親も本当は心の中ではこんな後悔をしていると思います。

あなたの父親との関係が少しでも改善されることを願っています。



最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク