あまり容姿に頓着しない運営者youなのですが、半年ちょっと前からおでこにシミみたいなものが浮き上がってきました


まあ別に年も年だし、おでこといっても髪の生え際辺りだったんで特に気にも留めてなかったんですけど、半年くらい前からそのシミが少しずつ盛り上がってきたんです!



それでもあまり気にしない運営者youなのでそのままほったらかしてたんですけど、1月に美容室に行った時にいつも髪を洗ってくれる子にそのいぼを見られてびっくりされてしまいました。

job_biyoushi



スポンサーリンク




「なんですか、これー!前に来た時はなかったですよー!」


(いや、あったと思うけど…。)


「こんなに急に大きくなるのはガンかもしれないですよ!」


(まじか、その考えはなかった…。)


「私、マンガで読んだことありますもん!マンガの中の人はガンって診断されてましたもん!」


(まじか、運営者youも確かにブラックジャック読んだ時にそんな話があったような…。)


「絶対病院に行かないとダメですよ!もう明日にでも行った方がいいですよ!」





スポンサーリンク




とまあ、こんな感じで言われてしまいまして、それまではガンなんて頭の隅にもなかったのですがちょっと気になりだしたんで家に帰ってネットで調べることにしました。


「いぼ 顔 ガン」なんかのワードで画像検索してみると、けっこう自分のいぼの形に似た画像があるもんで少し焦ってしまいました。


どうも皮膚ガンには大きく分けて3種類あるらしく、


・基底細胞ガン


・有棘細胞ガン


・悪性黒色腫(メラノーマ)


この中でも運営者youの顔のいぼの形から悪性黒色腫(メラノーマ)なんじゃないかと疑ったのです。


まじか、3種類の皮膚ガンの中でも一番タチが悪いやつやんか…。


この悪性黒色腫(メラノーマ)の特徴なのですが、「がん情報サービス」さんのサイトによると、


(1)色の変化
一般に薄い褐色が濃い黒色に変化する場合が多くあります。また、色調に濃淡が生じて相混じったり、一部色が抜けてまだらになることもあります。

(2)大きさの変化
1〜2年以内の経過で、直径2〜3mm程度の色素斑が5〜6mm以上になった時は注意すべきです。短期間に目立って大きくなるものは要注意です。

(3)形の変化
色素斑の辺縁が、ぎざぎざに不整になったり、しみ出しが出現したりすることがあります。色素斑の一部に硬結や腫瘤(しゅりゅう:かたまりのできもの)が出現した場合は要注意です。

(4)かたさの変化
一般に、ほくろは均一なかたさをしていますが、その一部または全体がかたくなってくることがあります。

(5)爪の変化
爪にできる場合は他の皮膚と違い、爪に黒褐色の色素線条(縦のすじ)が出現し、半年〜1年くらいの短期間に色調が濃くなって、すじの幅が拡大してきます。進行すると爪が割れたり、色素のしみ出しが出現することがあります。


なん…だと…、運営者youの顔のいぼの形にいろいろ当てはまってるやんか…。



(5)の爪の変化は関係ないとして、

(1)最初は茶色いシミだったにも関わらず、だんだん盛り上がってくるにつれて黒っぽくなっていきました。また、いぼの色調にも濃淡があります…。

(2)短期間に目立って大きくなるものは要注意です。っておいおい!運営者youのいぼなんかめっちゃ短期間やんか!まさに直径2~3mm程度の色素斑が5~6mmにわずか半年ほどで成長してるぞ…。

(3)運営者youのいぼの表面はめっちゃぎざぎざしてます…。ただ、しみ出しなんかは素人判断では見受けられないようです。

(4)運営者youのいぼは固いです。とてもほくろのような固さではないです。いぼのてっぺんの方は特に固くなっています…。



う~ん困った、すご~く困った、困ったところで後編に続きます。

hansei_koukai_man



いぼが顔に出来たんで病院に行ってきました(後編)はこちら



スポンサーリンク