どうすれば砂糖依存症を克服できるか。


砂糖中毒のようになっている方にはかなり難しい問題です。


中毒とは、自分の意思に反して脳が必要以上にその人が依存しているものを欲しがることですよね。


おそらく砂糖依存症を克服するのはタバコやお酒をやめるよりもっと難しいです。


運営者youが難しいと思う理由は3つあって、

  • タバコやお酒はその対象そのものから自分を遠ざけることができますが、日常の食生活に浸透しきっている砂糖を遠ざけることは極めて難しいから。
  • タバコやお酒はそれ自体がなくても当然生きていけますが、糖分は摂取していかなければ生きていくことができないから。
  • タバコやお酒は単にそれだけをやめれば済む話ですが、砂糖の場合はチョコレートもケーキもお菓子も、といろいろなものをやめないといけないから。

とまあ、前途多難なのです(弱気)。

このようにタバコやお酒より抜け出すのは難しいと思いますが、運営者youがおすすめの砂糖依存症を克服する方法をお教えしますね。


他の記事を見ていると、「お菓子やケーキをナッツやチーズにかえてみる」とか「白砂糖を黒砂糖やてんさい糖にかえてみる」とかしょーもない実践方法しか載ってないので、この記事ではより具体的かつ効果が見込める方法をお伝えします。


絶対に砂糖依存症を克服したいと思う方はぜひ読み進めていってください。



絶対に砂糖中毒や砂糖依存症を克服したい方へ


あなたはこれまで人間の本能として体が必要としている以上の砂糖を摂取してきました。


もちろんこれからもあなたが生きてしていくためには糖分は絶対に必要です。


タバコやお酒ように完全に断つことができない糖分に現在依存してしまっているということは、タバコやお酒以上にやめるのが難しいということを覚悟しなければならないことでしょう。


あなたも禁煙体験談などを聞いたことがあるかもしれませんが、彼らがやったことは結果的にただひとつ「吸わないこと」それだけでした。


禁煙の場合にはチャンピックスなどを利用する禁煙外来やニコレットというニコチンガムを噛む置換法という方法もありますが、結局のところ禁煙を達成できた人がやったことは「吸わないこと」だけだったのです。


同じように砂糖依存症を克服するために必要なことは「砂糖を摂らないこと」だけ、ということになります。


では、運営者youのおすすめの砂糖依存症の克服方法とは、







「ある本を読むこと」です。









スポンサーリンク



運営者youがおすすめの砂糖中毒や砂糖依存症を克服する方法


「本を読むこと」と聞いて拍子抜けした方もおられると思いますが、この本はかなり強力です。


運営者youが禁煙に成功した奇跡の本です。


禁煙外来やニコレットでも禁煙を挫折した超意志の弱い運営者youがこの本で禁煙することができました。


禁煙外来は2万円以上のコストがかかりましたし、ニコレットは1粒100円以上しました。


この本はそれに比べればすごく安価で達成率の高い方法です。


面倒でなければ近くのブックオフなどに行けば100円で売っています。


具体的な方法ですが、この禁煙セラピーという本の「タバコ」の部分をそのまま「砂糖」に置き換えて読んでいきます。


気楽にお菓子やケーキを食べながら読んでいってください。


読み終わって本を閉じた時、あなたは不思議と甘いものが必要となくなっているはずです。

sugar

この本を読み進めていくコツ


できるだけ一気に読んだ方が成功率は高くなると思います。


1日10ページとか少しずつしか読まない人は失敗している人が多いようです。


運営者youの場合は5時間で一気に読んでしまいました。


しっかりと一語一句読み進めていった感じでしたが200ページほどの本なので、5時間あればじゅうぶん読み終わります。


したがって、通勤の電車の中とか寝る前じゃなくて、休日などまとまった時間を確保して読むのがおすすめです。


ほんとに本を読むだけでやめることができるか半信半疑でも構いませんが、


「こんなのでやめれるんだったら苦労はしないよ。」と斜に構えた態度で読んでもおそらく失敗することでしょう。


「砂糖依存症から抜け出せるんだったらどんなことでも言うこと聞きますから教えてください。」といった素直な気持ちで読めば成功率は高まると思います。

sweets_shortcake

留意点


運営者youは砂糖依存症ではないため、砂糖依存症を抜け出す方法としてこの本は読んでいません。


ただ、読み終わった時にびっくりするくらいタバコを吸いたくなくなっていた自分にただただ驚きました。


なぜ吸いたくなくなってしまったのか、自分でもよく説明がつかないのですが(キツネにつままれたような感じ)、吸いたくなくったという事実だけで当時は満足でした。


タバコと砂糖とを比べると、離脱症状のキツさで言えばタバコの方が断然キツいと思いますので、砂糖依存症にも十分応用が利くと思います。

DSC_0044 - コピー



スポンサーリンク



砂糖中毒や砂糖依存症を克服する方法を教えますのまとめ


いかがでしょうか、本を1冊買って5時間ほど読めば砂糖依存症から抜け出せるなんてこんなローリスクな方法は他にないと思います。


禁煙の分野ではかなりの成功者を排出している本なのでやってみる価値はあると思います。


喫煙歴20年1日40本の筋金入りのヘビースモーカーがこの1冊であっさりやめれたという話がいくつもレビューでありますからきっと大丈夫です!


是非、素直な気持ちで実践してみませんか。


おそらくこの記事を読まれているのは女性の方の割合が多いのではないかと思います。


世の女性はダイエットのために多くの時間と労力とお金を使われていると思います。


現在ダイエットをされている方であれば、もし砂糖依存症が克服できればダイエット成功に向けて大きく前進すると思います。


もし、この本を読んで砂糖依存症を克服できた方がおられたらコメントいただけると嬉しいです!



スポンサーリンク