コーヒーに砂糖を入れるという行為はごく当たり前のことだし、コーヒーに砂糖を入れるのはおかしいと言う人の方がおかしいと世間一般では思われることでしょう。


しかし、


あえて言おう、最悪であると!(ギレン・ザビ風)


「別に砂糖を入れたいと思う人は入れればいいんじゃない?」


と言ってしまえばそれで終わってしまう話なんですが、砂糖入れる派の方にも知っておいてほしい話があるんです。


では早速、なぜコーヒーに砂糖という組み合わせが最悪なのかを見ていきたいと思います。



有害な砂糖を摂取している


砂糖が有害な食品だと思っている運営者youはもちろんコーヒーに砂糖は入れません。


例えば、コーヒーがすごく好きな方で朝、昼、晩、毎日3杯のコーヒーを飲む方がいるとします。


その方がブラックが苦手で毎回スティックシュガーを1本入れていたとします。


スティックシュガーは1本3gの製品が多いようです。


毎日9gの砂糖を入れれば1年間に3285gの砂糖を摂取していることになるんです!


10年間では32.85kgですよ


そりゃあ、チリも積もれば病気にだってなりますよ。

sugar

砂糖がせっかくのコーヒーの効能を打ち消してしまう


特にコーヒーの効能で女性に(男性にも)嬉しいダイエット効果があります。


カフェインとクロロゲン酸のW効果でダイエットに効くということは広く知られています。


せっかくのこのダイエット効果が打ち消されるどころか飲めば飲むほど太ってしまうんです。


こんなもったいない話はないと思いませんか







次にコーヒーの効能として糖尿病になるリスクの低下ということが挙げられます。


せっかく糖尿病を抑える効果があるのに、抑えるどころか糖尿病になるというリスクを増大させています。


こんなもったいない話はないと思いませんか?







次にコーヒーの効能として血流の促進ということが挙げられます。


せっかく血流を促進する効果があるのに、砂糖は血をドロドロにし、血流の促進を妨げます。


こんなもったいない話はないと思いませんか?







次にコーヒーの効能として脂肪肝を抑制するということが挙げられます。


せっかく脂肪肝を抑制する効果があるのに、砂糖は肝臓への負担が大きく、アルコールと変わらないほどのダメージを与えるとも言われています。


こんなもったいない話はないと思いませんか?







次にコーヒーはアンチエイジング効果があると言われています。


せっかくアンチエイジング効果があるのに、砂糖はコラーゲンにダメージを与え、老化を早めます。


こんなもったいない話はないと思いませんか?







次にコーヒーはうつ病の抑制効果があります。


せっかくうつ病の抑制効果があるのに、砂糖にはうつ病を発症させる原因のひとつとも言われ、うつ病患者は砂糖を摂ってはいけないと指導されています。


こんなもったいない話はないと思いませんか?







挙げればキリがありませんが、この世の中、何がもったいないってコーヒーに砂糖を入れることほどもったいないことはないということを訴えたいのです。

drink_coffee



スポンサーリンク



【番外1】コーヒー業界が砂糖の害について語ることはない


コーヒー製造メーカーやコーヒーショップなどが砂糖の害を語ることはまずありません。


コーヒー業界の方々は砂糖を入れないとコーヒーを飲めない消費者の需要も取り込む必要があるからです。



【番外2】砂糖を入れてもコーヒーを飲んで胃が荒れることを抑える効果はない


コーヒーに含まれるクロロゲン酸が胃酸の分泌を促進させると言われていますが、砂糖に胃酸の分泌を抑制する効果はまったくありません。


砂糖を入れると胃が荒れないと思って砂糖を入れている方は気のせいです。

cafe_siphon



スポンサーリンク



コーヒーに砂糖を入れるという最悪の組み合わせのまとめ


砂糖は百害あって一利なしの有害な食品です。


運営者youに言わせればタバコやお酒よりはるかに有害です。


それを天からの恵みともいうべきコーヒーに混ぜて飲むなんて運営者youから言わせればやってはいけない最悪の組み合わせなのです。


コーヒー1杯にポリフェノールは約300mg入っていると言われていますが、スティックシュガー1本でポリフェノールの10倍の量の砂糖をコーヒーに入れてしまっている計算になってしまうんです。


これではせっかくのポリフェノールが台無しです。


砂糖を入れないとコーヒーは飲めないという方は、自分にはコーヒーは合わないんだとあきらめてお茶を飲むことをおすすめします。


たしかにコーヒーという飲み物はいろんな効能があって素晴らしい飲み物だとは思いますが、有害な砂糖を入れてまで飲むものじゃないと思います。





コーヒーについてこんな記事も書いてみました。

コーヒーの飲み過ぎが体に悪いわけがないという話



砂糖についてこんな記事も書いてみました。

砂糖に依存してしまう砂糖依存症があるって本当なの?

砂糖への依存のさせ方がいかに巧妙かつ極悪であるかという件


お時間があれば他の記事も読んでいただけたら嬉しいです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。



スポンサーリンク