主婦さんがはじめて仕事を見つけようと思う時に、新聞の求人チラシやネットで探す方法もありますが、近所のハローワークで仕事を探す方法もおすすめです。


でも、一度もハローワークに行ったことのない主婦さんは「ハローワークはなんとなく入りづらい」「ハローワークに行ってもどんな風に仕事を探していいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。


ハローワークと一口に言っても求人案内をしているだけなく業務は多岐にわたります。


そこでこの記事ではハローワークに主婦さんがはじめて行く前に知っておきたいことをまとめました。


では早速見ていきましょう。

business_eigyou_woman

ハローワークってどんな所?


ハローワークとは公共職業安定所(職安)の愛称で公的職業紹介所のことをいいます。


各都道府県に複数ありますので、きっとお住まいの近くにもハローワークがありますよ。



全国のハローワークの所在地はこちら



はじめてハローワークに行くのであれば、「求職申込書」を書いて窓口に提出しましょう。


求職申込みが受理されたら「ハローワークカード」が発行されます。


仕事をさがす相談や応募したい会社への紹介状を出してもらう時などにこのカードが必要になります。



開庁時間


ハローワークが開いている時間は


平日8:30~17:15までで、土・日・祝日はお休みです。


ただし、人口が20万人以上の都市では、


平日  8:30~19:00

土曜  10:00~17:00



の間で業務を行ってるところもあります。




スポンサーリンク



求人紹介


ハローワークへ行くと仕事を探す求人検索端末がたくさん並んでおり、タッチパネルの画面を操作して自分に合った求人を探していきます。


操作でわからないところがあれば、ハローワーク職員さんに質問すればすぐにわかりやすく説明してくれます。


各端末にはプリンタも設置されていて、詳しく見たい求人や家でじっくり検討したい求人があれば印刷して求人票も持ち帰ることができます。


ただし、印刷枚数に制限がありますので各ハローワークの指示に従ってください。



気になる求人を見つけたら


気になる求人を見つけたら、求人票を印刷して窓口に行きましょう。


求人の募集要項や待遇などをあなたと一緒に確認して、ハローワーク職員さんがいろいろな質問にも答えてくれます。


納得した上で応募したいと思える内容でしたらハローワーク職員さんが求人を出している会社に連絡をしてくれます。


募集を締め切ってなければハローワークから応募したい会社への紹介状を出してもらえますので、履歴書等を提出するときは一緒にこの紹介状も提出してください。



職業相談


求人検索端末での操作は自分一人で行いますが、窓口に顔を出せばハローワーク職員さんにいろいろな相談ができます。


求職のしかたがわからない、履歴書や職務経歴書の書き方、面接を受ける時の心構えなど、仕事をさがす内容のことでしたらなんでも相談に乗ってくれます。


窓口で応対されるハローワーク職員さんは女性が多いので、主婦の方でしたらより親身になって相談に乗ってくれますよ。





以上が、はじめてハローワークへ行った時の流れになります。


最初は少し緊張するかもしれませんが、ハローワーク職員さんはみなさん親切に応対してくれますので安心して行ってみてください。


ハローワークに行くのはちょっと面倒と思われるかもしれませんが、ハローワークは求人チラシやネットの求人サイトと違ってこんなメリットもあります。




スポンサーリンク



ハローワークと求人チラシやネットの求人サイトとの違いは?


ハローワークと求人チラシやネットの求人サイトとの違いはなんと言っても、


求人票だけではわからないことや直接会社に質問しにくいようなことでもハローワーク職員さんがあなたの代わりに問い合わせしてくれるところです。


求人チラシやネットの求人サイトではどうしても一人で調べて行動しないといけません。


ハローワークなら就職活動をあまりやったとこがない主婦さんでもわからないところをハローワーク職員さんに尋ねながら進めていくことができます。


ネットの求人サイトでもわからないことは尋ねることはできますが、メールのやり取りが中心ですので時間がかかったり欲しい回答が得られないこともあります。



ハローワークに主婦がはじめて行く時の心得をチェックのまとめ


いかがでしょうか、最初は入りづらいイメージがあるかもしれませんが、最近ではよく言う「お役所仕事」的な雰囲気は感じられず、ハローワーク職員さんはあなたの就職の支援にすごく親身になってくれます。


このような就職相談ができる詳しい方が身の周りにいる方はそうはいないと思いますので、あなたも一度ハローワークで相談してみてはいかがでしょうか。





最後まで読んでいただきありがとうございました。




スポンサーリンク